牛肉A5ランク

A5ランクって?

和牛や国産牛は、流通過程で公正な取引が行われるよう日本食肉格付協会によって、全国共通の品質指標として格付けされます。格付けは、枝肉(牛の皮・頭部・内臓と四肢の先端を取り除き、縦に2分割したもの)を、歩留等級と肉質等級によって決まります。
歩留等級は、枝肉から骨を取り除いたときの肉の量を、割合の多い順にA・B・Cの3等級で格付けします。
肉質等級は脂肪交雑(いわゆる霜降り具合)・肉の色沢・肉の締まり及びきめ・脂肪の光沢と質の4項目についてそれぞれ5段階で評価されます。そして4項目の最も低い値が肉質等級になるので、3項目が等級5であっても1項目が4であれば肉質等級は4になります。従って、A5ランクの肉は歩留等級と肉質等級ともに最高評価を受けた肉ということになります。

A5ランクは間違いなく美味しい?

キメが細かくて、柔らかい上質な肉であることと、値段が高いということは確かです。もちろんプロの格付けで最高評価を受けているのですから、一般的に美味しいとされる基準はクリアしています。
しかし、A4ランクでも歩留等級Aで肉質等級4項目が4のものと、肉質等級3項目が5で1項目だけ4のものとでも差がありますし、お店で食べたり買ったりする場合、枝肉ではなくさらに細かく分けた部分肉ごと(牛部分肉取引規格13部位)で比較すると、A5ランクと変わらない優れた部位があることもあります。

それに、美味しいというのは個人の好みや年齢によっても違いますし、焼き加減などの調理の仕方によっても変わってきます。何より、誰と食べるか、どういうシュチェーションかも大きく関係しますよね。
A5ランクの肉やブランド牛でなくても、美味しくて安いお肉もたくさんあります。