バーベキューの道具と持ち物

バーベキューで必要な道具や、あったら便利な持ち物を集めました。
頻繁にバーベキューをしない方や初心者は、それらをレンタルできるバーベキュースポットを選ぶのも手軽で便利です。

バーベキューの道具

バーベキューコンロ・焼き網・鉄板

基本のアイテムですが、鉄製の安いものから、手頃なスチール製、かなりお高い本格的なものまであるので使用頻度や用途に合わせて選んで。焚き火台も人気です。鉄板がセットに組み込まれていなければ、別途購入を。焼きそばや野菜炒め、目玉焼きなどに重宝します。
大きすぎると片付けや持ち運び、収納が大変。大人数でもさほど大きなものは必要ありません。炭の火おこしや後始末が面倒なら、ガスグリルでアメリカンスタイルという選択も。

燃料

基本は木炭。1人当たり1キロが目安。有名な備長炭は、火おこしが難しく価格も高いので、初心者は避けたほうが無難です。

火をおこす時、消す時に役立つ道具

着火剤・チャコスタ・バーナー、どれかあると火おこしの時短に役立ちます。

着火剤

ブロックタイプは、火力が落ちたときも投入して火力をキープできるので便利。ゼリータイプは、継ぎ足してしまうと火が突然燃え、危険です。

チャコール スターター(チャコスタ・チムニースターター)

いわゆる、火おこし器。中に炭を入れて、小枝や新聞紙などに火をつけた火種、または着火剤の上に乗せて火をおこせるもの。

トーチバーナー

バーナーの火を、直接炭にあてて火をおこします。カセットボンベタイプがお手軽。ノズルは長い方が便利です。

チャッカマン

マッチやライターより扱いやすいので。

炭用の長めトング

炭の移動や追加など、専用に。

うちわ

火の回りをよくするのに使いますが、普通に扇いだり、虫を追い払うのにも役立ちます。

火消しつぼ

炭に水をかけても火は消えません。手っ取り早く片付けるなら、火消し壷という便利な道具があります。消した炭は再利用できます。金属製のバケツに水を張って炭を一つ一つ静かに入れて消すという方法もあります。もちろん地面に炭を埋めるのは論外。マナー違反以前に危険です。

軍手

炭を触ったり、コンロを移動したり、素手ではちょっとという時に。熱いものを触る場面もあるので綿100%の軍手かレザーの熱に強い手袋を。化学繊維の軍手は熱に弱いのでやけどの原因に。ゴムの滑り止め付きも溶けるので避けましょう。

クーラーボックス

食材用と飲み物用があるのがベター。箱型のクーラーボックスは、椅子やちょい置きのテーブルにもなる。バッグ型は、飲み終わればコンパクトになるので荷物が減ります。車輪がついてスーツケースのように持ち運べるものは持ち運びがラクです。凍ったペットボトルやチャック袋に氷を入れて保冷剤にすると、溶けた後飲み水としても使え、帰りの荷物が減ります。

バーベキューする場所により必要な道具・持ち物

水タンク

水場から離れた場所だと、特にありがたいのが水タンク。 BBQ以外に防災用品としても使えるので
買ってもいいものの一つ。

テーブルセット、レジャーシート

椅子は人数に合わせる必要はなく、レジャーシートと組み合わせて。テーブルは、おつまみやサラダなど共通のものを置いたり、ドリンクやお皿を置くのに必要です。レジャーシートは、ブルーシートでも良いですが、クッション製のあるシートの方が疲れなくていいです。

テント・タープ

日除けや雨除けに。初心者でも設備のないところに行く時は必要。

キッチン用品

包丁、料理バサミ、ピーラー、まな板、ザル、ボール等

できるだけ、野菜のカットや洗浄は前もって済ましておくのがベストですが、現地で調理するなら、必要な道具を。チシャなど葉野菜を現地で洗う時にザルは必要。

割り箸、紙皿、紙コップ

カラフルなプラスチック製の食器や、カップホルダー付きのプレートなど便利なものも沢山あります。

料理用トング

トングは、生肉用と野菜&焼きあがった肉用に分けることが望ましい。少なくても生肉を触るトングや菜箸だけはそれ専用に。

アルミホイル

野菜のホイル焼きはもちろん、コンロの炭の下に引いておくと後片付けが簡単に。使い終わったホイルは丸めて、網などの汚れを取る、たわし代りになります。

調味料

定番の塩、コショウ、焼肉のタレ、マヨネーズ、サラダ油の他、オリーブオイルやバターも重宝します。

タオル、キッチンペーパー

ウェットティッシュ

その他の持ち物

ゴミ袋・レジ袋

ダンボールをベースにしておくと、ゴミが捨てやすく、分別や後片付けがしやすい。

新聞紙

網用ブラシ、スポンジ、洗剤、タワシ

新聞紙などで汚れをふき取って、帰ってからの後片付けが基本になるので、個人的には不要ですが、キャンプなど、で洗う必要がある場合に。洗剤を使用するなら、環境に優しいものを使いましょう。

コンテナボックス

こまごました荷物をひとまとめにしたり運んだりがラクで、必要がなくなったらコンパクトに折りたためるので便利。キャリータイプもあるようですね。

バケツ

荷物を入れたり、氷と水を入れて飲み物や果物を冷やしたり金属製だと、炭の火消しにも使えます。

油性マジック

紙コップやお皿に名前を書いたり、新聞紙やビニールにまとめた荷物の内容記入などに。

虫よけ、虫刺されの薬、日焼け止め、絆創膏、やけどの薬

他にも、胃腸薬や下痢止めなどは必要に応じて。

ガムテープ・荷造りヒモ・カッター

針金ハンガー

トイレットペーパー・ティッシュペーパー

スマホ・携帯用充電器

懐中電灯