焼肉を食べた後のニオイ対策

ニンニクの臭いが、完全に抜けるのは48時間後

ニンニクスタミナがついてテンションが上がる焼肉ですが、食べた後や次の日の口臭、気になりますよね。焼肉による口臭の主な原因は、ニンニクによるもの。そのものを食べなくても、タレやキムチなどに入っています。
ニンニクに含まれるアリシンが酵素によって分解され、アリインという成分になり血液に取り込まれ、それが肺から呼吸となって出てくるわけです。なので、口臭だけでなく、体臭にも繋がるということです。ニンニクによる臭いは、15〜16時間残り、完全に体内から抜けるには2日間(48時間)かかると言われています。
大切な用事がある時は、逆算して焼肉を食べるのが得策です!とはいえ、急に人に会うこともあるのでニンニクに効果があるといわれるものや実際自分が効果があったものやお手軽なものをご紹介します。人によって食べたものや量、体質が違うので、その効果は様々ですが、一度試して自分に効果があった対策をしてみてはいかがでしょう。

ニンニクの臭い消しに有効とされるもの

■口臭清涼剤、いわゆるブレスケア

私が一番お世話になっているものです。焼肉の途中でも飲めるところが良いです。なので誘惑に負けてニンニクのホイル焼きを食べた時、速効飲みます!でも最近は、急な予定にも対処できるよう焼肉の前に飲んでいることが多いです。噛むタイプやいろいろな味も出ているようですが、緑色のブレスケアで水で飲むタイプが一番効きました。(私的見解)

■リンゴ

これもおすすめ。リンゴに含まれるポリフェノールやリンゴ酸が臭いを抑えてくれるそうです。一人1/4コで大丈夫です。皮ごと食べるというのがポイントです。おうちでする焼肉パーティには、デザートにリンゴを用意するのも気が利いてますよね。リンゴがなければ、果汁100%のリンゴジュースでも良いそうですので、とても手軽です。また、リンゴには食物繊維を豊富に含み整腸作用もあることから、翌日には臭いの元となるものをスッキリ対外に出し、残さないのも効果を感じる要因になっているかもしれません。

リンゴ

■牛乳

牛乳は、臭いのもとを脂肪の膜で包み込み、臭いが吸収されるのを防ぐため口臭予防に効果があると言われています。一般的にニンニクの臭い消しに牛乳は有名ですが、コップ1杯(約200cc)を、食前か食べてから1時間以内でないと効果がないことから、タイミングがむつかしいのと後味も残りやすいのが難点です。

■緑茶・ウーロン茶・ジャスミン茶

お茶の成分、カテキンやフラボノイドは口臭予防に効果的と言われています。これだけで試したことはないので効果のほどは未知数ですが、食事中、違和感なくできるのでやらない理由はないですね。

■その他

歯や舌を磨く、マウスウォッシュする、ガムを噛む、といったことも体内の臭いはともかく、一時的に口臭を和らげ爽やかになります。他に効果がありそうな食べ物として、レモンや梅干しに含まれるクエン酸は、口の中の細菌を抑制する働きがあり、唾液量も増える事から、一般的な口臭予防として知られています。唾液量を増やすことが重要なので、想像するだけで唾液が出る人は食べなくても良いかも?
あとは、お風呂で汗をかいて代謝を高めたり、体に溜めない事(翌朝のお通じをちゃんと)が重要です。