焼肉と食べたい生野菜

サンチュ・リーフレタス

サンチュ

サンチュは日本名で「つつみ菜」と呼ばれるレタスの一種です。焼肉屋さんのメニューに「チシャ」と書かれていることもありますが、レタスの仲間を、和名で「チシャ」と呼ぶのでサンチュの別名と思って頼むと、サニーレタスなどのリーフレタスが出されることがあります。もちろんサニーレタスでも何ら問題はありません。これらは緑黄色野菜に分類されるので、淡色野菜に分類される通常の球状のレタスより、ミネラルやビタミンが豊富です。サンチュは、文字通りお肉を包んで食べるのに適しています。もちろん、肉は肉だけで食べたい方は、別にサラダとして合間に食べてもOKです。

エゴマの葉(ゴマの葉)

goma

焼肉店ではゴマの葉と呼ばれることが多いエゴマの葉は、私たちがよく知るあのゴマの葉っぱではなくシソの仲間です。確かに、シソの葉(大葉)にそっくりです。シソよりも香りが強く特有の香りがするため、日本ではあまり食べられませんでしたが、韓国の焼肉屋さんではおなじみの野菜です。最近ではサムギョプサルのお店や韓国風の焼肉屋さんなどが増えたためか、日本のスーパーでもちらほら見かけるようになりました。サンチュの上にゴマの葉を乗せ、肉を巻いて食べる食べ方が一般的です。ゴマの葉は、ビタミンAとビタミンCが豊富で肉と一緒に食べることで、バランスが良くなります。ゴマの葉のキムチやしょうゆ漬けなどもありますが、ビタミンCを取りたい場合は、加工すると壊れやすいので生で食べるのがおすすめです。ゴマの葉にはロズマリン酸が大葉の5倍も含まれており、糖の吸収を抑えてくれますので、シメは炭水化物という方にはおすすめ!ルテオリンというポリフェノールも多く含まれ、抗酸化作用があることも知られています。

キャベツ

cabbage

キャベツには、ビタミンU、ビタミンK、ビタミンCが含まれており、特にキャベツ特有の成分であるビタミンUには胃炎の予防回復、肝臓の働きを高める作用があります。骨にカルシウムを取り込む働きがあることから骨粗鬆症の予防になると言われています。キャベツの食物繊維は、便秘を改善し腸内環境を整える働きもあります。箸休めとしてドレッシングや焼肉のタレをつけて生食も良し、塩キャベツにしてサイドメニューとしても良し、焼肉と一緒に軽く焼いても良しの万能野菜です。

他にも、冷やしトマトやキュウリ・にんじん・セロリ・大根などのスティックサラダも、口の中がさっぱりして焼肉にはとても合いますね。