和牛と国産牛の違いって?

和牛と国産牛の違いって?

日本で、売られている牛肉は、和牛・国産牛・輸入牛に分けられています。和牛は、黒毛和種、褐色和種、日本短角種、無角和種という4種類の牛の「品種」を指すものです。流通している和牛の約90%が、黒毛和種、おなじみ黒毛和牛です。

国産牛は、品種に関係なく最も飼育された期間の長い場所が日本で、日本で食肉加工されたものは国産牛になります。具体的には、ホルスタイン種など外国種や、黒毛和種とホルスタイン種を掛け合わせた交雑種(別名F1)と呼ばれるものがあります。もちろん、現在流通している和牛も国産牛ですが、ブランド価値が高い和牛表示にされているようです。

ちなみに輸入牛は、いうまでもなく外国で生まれ育った牛。輸入牛の表示されているものは、ほぼ解体されて輸入されたもの。
生体で輸入する場合は、その後、国内で育てて、国産牛として出荷されます。

国産でない和牛ってある?

農林水産省より出されているガイドラインによると、次の1.2が和牛の条件とされています。
1.黒毛和種など和牛とされる4品種とその4品種間の交配による交雑種、4品種間の交雑種と和牛4品種の交配による交雑種の品種であること。
2.国内で出生し、国内で飼育された牛であること。

それらは、登録制度やトレーサビリティ制度により確認できるものが、和牛と表示できるとされています。トレーサビリティ制度とは、国内で飼養された牛の肉に個体識別番号を表示し、その牛がいつ・どこで生まれ、育てられ、食肉処理されたかや、品種などが確認できる制度です。

和牛や和牛精液が海外に輸出され、交雑種の子牛や食肉が生産、輸入されている事例はあり、輸入の品種としての黒毛和牛は存在しますが、流通している実態がほとんどなく、食肉については、すでにJAS法に基づき、名称及び原産地の表示が義務付けられており、名称の表示については、その内容を表す一般的な名称を記載することとされているので、日本では和牛と表示できない事になります。
ということで、国内で流通している和牛は、国産和牛ということになりますが、海外のレストランでWAGYUとあっても、日本産でない可能性もあるってことですね。

銘柄牛(ブランド牛)

銘柄牛として有名な、神戸牛・松阪牛・米沢牛は、黒毛和牛。三大和牛と言われることから、銘柄牛(ブランド牛)は全て和牛というイメージがありますが、銘柄牛は、産地、血統(品種)、枝肉の格付け、飼育法などにより、ある一定の基準を満たしたものに付けられているので、和牛以外のホルスタイン種や交雑種のものもあります。